重要文化財に指定された曹洞宗の寺【天徳寺】

  • 秋田
  • 体験する
天徳寺は、秋田市にある曹洞宗の寺院で、秋田藩主である佐竹氏の菩提寺です。
1687年に建てられた本堂は、間口が約30メートルの大建築となっています。
本堂の東に接する書院は1806年に建てられ、藩主の墓参の際、休憩に用いられたという上段の間があります。
この本堂・書院の他に、山門・総門と佐竹家霊屋が1990年に重要文化財に指定されました。
ぜひ歴史深い天徳寺に足を運んでみてはいかがでしょう。
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事