南部鉄器の製法と歴史がわかる伝統産業会館【奥州市伝統産業会館】

  • 岩手
約900年前に近江の国から鋳物師を招き、鋳造を始めたことから、水沢地方の鋳物業の始まりだと言い伝えられています。奥州市伝統産業会館は南部鉄器の製造プロセス、鋳造の時実際に使われていた道具や昔鋳造の名品等興味深い展示が数多いです。また、奥州市は世界中に注目されているアメリカメジャーリーグの選手ー大谷翔平の出身地であり、館内では南部鉄器の技術を使って大谷翔平選手の握手像を設置したという。鋳造に興味がある方はぜひ行ってみてください。
奥州市公式サイト
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事