生きる世界遺産【富山県:五箇山合掌造り集落】

  • 富山
世界遺産五箇山 相倉合掌造り集落(夏)
1995年12月に岐阜県白川郷と併せて、日本の世界遺産としては6番目に世界文化遺産に登録されました。合掌造りは最も発達した合理的な民家形式の1つとして、日本の木造文化を代表するものであり、現在も人々が生活をしている事も高く評価されています。
世界遺産五箇山 相倉合掌造り集落(冬)
四季折々の風景やが、日本有数の豪雪地帯という厳しい生活環境のもと厳しい自然に耐えるべく、
五箇山民謡:こきりこささら踊り
人々の知恵から生まれた伝承料理や日本最古と呼ばれる五箇山民謡「こきりこ」など、独特の文化が発展し、今でも受け継がれています。
五箇山総合案内所
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事