約140年の時を経て完全復活!金沢城の鼠多門と鼠多門橋

  • 石川
金沢城公園の鼠多門と鼠多門橋
金沢城公園の西側にあって、公園内の玉泉院丸庭園と尾山神社を結ぶ、「鼠多門」と「鼠多門橋」が2020年7月に約140年ぶりに復元整備されました!鼠多門は、海鼠壁(なまこかべ)の目地が黒漆喰(くろじっくい)で仕上げられ、他の門には見られないのが特徴となっています。鼠多門橋は、城内最大規模の木橋で、歩くたびに心地よさを感じられます。
鼠多門の内部
鼠多門は櫓(やぐら)のある二階建構造です。中には自由に入ることが可能です(入場無料)。内部は、木材も部位によって香る県産材の欅・松・能登ヒバ・杉を使い分けた見事な造り!梁の太さにも驚きます。
尾山神社と金沢城公園の玉泉院丸庭園
鼠多門橋が完成したことにより、金沢城公園から鼠多門・鼠多門橋を渡り、尾山神社へ参拝、それから長町武家屋敷跡界隈へと新たな城下町散策が楽しめるようになりました。また、毎週金・土曜日や祝前日にはライトアップが行われますので、金沢の夜のもう一つの楽しみ方が増えました!ぜひ、お越しください!!






この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事