異国にいるかのような気分、心身ともリフレッシュ【荒川高原】

  • 岩手
荒川高原は早池峰山の南麓にあり、標高700mから1000m、広さ2500haを持つ高原です。広大な高原に一面な草原が広がります。
昔から馬の名産地と言われる遠野地方。この荒川高原も馬の産地として知られています。毎年6月前後に馬の生産者や農家から約100頭の馬が放牧されます。目の前に広々とした草原と馬や牛が放牧されている長閑な眺めは、まるで異国にいるかのように心が癒されます♪
 
高原は自然に恵まれ、豊かな生態系を持っており、ニホンジカやカモシカ、タヌキ、キツネなどの野生動物に遭遇することもあるといいます。例年10月中旬から11月下旬にかけては紅葉が見頃を迎えます。自然が好きな方やリフレッシュしたい方はぜひ訪れてみてください。
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事