岩手県最南端の岬に行ってみましょう~【広田崎】

  • 岩手
広田崎は三陸復興国立公園内にあり、岩手県と宮城県の境目の近くにある広田半島の南端にある岬で、リアス式海岸の最南端とも言われています。三陸海岸の特徴である岩礁に荒々しい波が次々と打ち寄せるその風景が実に美しく、迫力満点です!
さらに広田崎先端からすぐ近くの青松島と椿島は、ともにウミネコの繁殖地です。毎年5月~6月にかけて、約5~10万羽のウミネコが観測されています。壮大な風景で青松島は県の名勝・天然記念物に指定されている他、椿島は国の天然記念物に指定されています。
陸前高田市公式サイト
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事