上杉謙信ゆかりの古刹【五智国分寺】

  • 新潟
写真提供:公益社団法人 新潟県観光協会
本堂は永禄5年(1562年)に上杉謙信によって、現在地に移行・再建したと伝えられている五智国分寺。主な建物は本堂・三重塔・経蔵・仁王門・親鸞堂(竹ノ内草庵)で、鎌倉時代のものをモデルとし、青森ひば材が使われています。外観は簡素ですが、内部は重厚な造りになっており、槍かんなで仕上げてあります。高欄などが未完成ながら、数多の彫刻がはめ込まれている美しい三重塔や竹ノ内草庵には、親鸞聖人ご自刻の等身大の座像も安置されています。厳かで優美なその姿をぜひ一度ご覧になってみてはいかがですか?
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事