明治期からの海水浴場【材木座海岸】

  • 神奈川
提供:鎌倉市観光協会
材木座は、材木が運ばれてくる鎌倉の港として「材木座」と言われるようになったそうです。
海岸の中央あたりに河口を持つ滑川を境に、東側を「材木座海岸」、西側を「由比ヶ浜」と言います。
また明治期に海水浴場となり歴史が長く、夏目漱石の「こころ」に描かれたことにより、有名になりました。
海深が浅く、足元が砂浜で危険が少ないということから、家族連れで楽しめるスポットです!
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事