和洋折衷の庭遺跡!【江の島サムエル・コッキング苑】

  • 神奈川

海外にいる気分を味わえるかも!?

江の島サムエル・コッキング苑は和洋折衷の庭遺跡です。江の島のシンボルである江の島シーキャンドルもあります。江の島の貿易商サムエル・コッキング氏が明治15年に造成し、園路、築山、池、花壇のほか温室もありました。平成15年に江の島サムエル・コッキング苑としてリニューアルオープンしました。

苑内には南洋の植物や四季の草花を見ることができます。
また、藤沢市と姉妹友好都市である中国・昆明市 四阿(あずまや)「騁碧亭(ていへきてい)」、長野県・松本市の海鼠壁(なまこかべ)が特徴の「松本館」などもあり、ちょっと海外へ行った気分になれそうです♪
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事