横手市内を一望できる城【横手城】

  • 秋田
横手城はその昔、朝倉城と呼ばれ1550年頃、現在の秋田県南部に勢力を築いた小野寺氏によって造られたといわれています。朝倉山を包むように横手川が流れ、背後は山・・・と要害に建てられた平山城でした。戊辰戦争の際に落城し、二の丸跡には「天守閣様式の展望台」が建てられました。現在横手城跡は横手公園として整備されており、市民の人々の憩いの場となっています。公園の展望台からは、横手盆地や横手川、鳥海山などを望むことが出来ます。四季折々の横手の風景をご堪能ください。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事