巨大な女性に会える!?【十和田市現代美術館】

  • 青森
ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》 撮影:小山田邦哉

高さ○メートルの女性 彼女の人生とは?

こちらは、ロン・ミュエクの巨大な彫刻作品《スタンディング・ウーマン》。彼女の身長はなんと約4メートル!身長の高さもさることながら、物憂げなその様子も相まって圧倒されること間違いなしです。「何を見つめているのだろう」と顔を覗き込んでも、彼女と目を合わせることはできないのだとか。窓に向けられた目線の先に何が映り込んでいるのか、気になってしまいます。また、展示室内に差し込む自然の光に照らされたその姿は、見る角度・時間帯によって異なります。じっくりと彼女と向き合い、彼女の人生やストーリーに思いを馳せてみてください。

アートのまち 通り全体が美術館に

十和田市現代美術館

十和田市では「Arts Towada」というアートを軸にしたまちづくりとして、官庁街通り全体をひとつの美術館に見立てて多様なアート作品を展開しています。その1つが、《スタンディング・ウーマン》も展示されている「十和田市現代美術館」。常設展では、草間彌生やロン・ミュエクなど、世界で活躍する有名アーティストらの作品をご覧いただけます。


また、この美術館、このまちならではの特徴もあります。それは、各アート作品の展示スペースには大きなガラス開口があり、作品がまちに向かって展示されているようなつくりになっていること。まさに「アートのまち」ならではですね!


個性あふれる「アートのまち」十和田市へ、ぜひ足を運んでみてください。

写真提供:十和田市現代美術館
十和田市現代美術館
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事