さるぼぼ神社や手作り体験まで!何でも揃うお土産のテーマパーク【飛騨物産館】

  • 岐阜(飛騨)
  • 買う
飛騨高山のお土産というと、銘菓、漬物、地酒、飛騨牛、高山ラーメン、民芸品など…さまざまなお土産が思い浮かびますが、古い町並を歩きながらそれぞれのお店を順番に見てまわると何か買い逃したり、お店がお休みでお目当てのものが買えなかったりするかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、高山でも最大級の品揃えを誇るお土産処「飛騨物産館」です!館内には約7000点以上の豊富なラインナップのお土産がずらりと並び、飛騨の銘菓、12蔵の地酒や地ビール、ワイン、飛騨特産の赤かぶの漬物、飛騨牛を使ったおつまみやご飯のお供、飛騨の地味噌など、幅広い種類のお土産をまとめ買いできますし、ぐるっと見てまわるだけでも楽しめます。高山グリーンホテルの敷地内にありますが、もちろん宿泊者以外も気軽に立ち寄りOKです!
カウンターでは自宅への配送サービスや、観光中のお土産お預かり・お取り置きサービスも行っています。どんなお土産を買ったらいいか分からない方にはスタッフさんが地元の人間としておすすめを紹介してくれます。
他にも、試食用にガチャガチャが設置されているのが面白いなと思いました!これは「コロナ禍だけど、なんとか安心安全に試食を楽しんでいただきたい…」という想いから2021年7月にスタートしたようです。お子様連れにも嬉しいサービスですね!
館内をぐるりと見渡すと、目に飛び込んでくる赤い鳥居。そこには「さるぼぼ神社」があります。
さるぼぼとは、飛騨の方言で猿の赤ちゃんという意味で、奈良時代に中国から遣唐使によって伝わったものが原型とされ、当時の貴族によって安産のお守りとして飾られていました。真っ赤な顔に黒の腹当てをした人形は今も飛騨高山の代表的な民芸品でもあり、愛されマスコットです。飛騨物産館でも赤色だけでなくカラフルな風水カラーのさるぼぼが販売されています。(赤:縁結び・安産、黄:金運、緑:健康運 など)
そんな飛騨の守り神のようなさるぼぼのパワースポットが、このさるぼぼ神社です。ご神体として大変な難工事だった安房トンネルと飛騨トンネル、二つのトンネルの最後の貫通石が、どんな岩をも通す、願いを叶えるべく祀られています。2005年に東照宮より分霊拝戴した小さな神社には、無事の安産など願いをしたためたたくさんの絵馬やおみくじが奉納されていて、なんと御朱印もいただけます。気になる方はぜひ真横のさるぼぼ工房へ!手焼きせんべい体験もできます。
飛騨物産館はお土産、神社、体験と見どころがいっぱいです。行き先に迷った時は、ここに来ればきっとイイものに出会えること間違いなし!近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事