【塩バターどら焼き】~20代女子の気ままに下田ライフ①~

  • 静岡(伊豆)
  • 食べる
初めまして!下田在住の20代女性です。

都内の旅行会社に勤めていましたが、この度1年の期間付きで伊豆・下田で働くことになりました!
下田には魅力ある観光素材が沢山あるので、下田に住んでいる間に下田の現地情報をみなさんにお届けしていきたいと思います。

★第一回、ご紹介するのはこちら!

創業100年以上の老舗和菓子店!下田の人気店主「金ちゃん」が下田の素材を使い、一つ一つ手作りするどら焼きが自慢!【金栄堂】
伊豆急下田駅から徒歩7分、みなと橋を渡ってすぐ左に位置する「金栄堂」。
店構えも金のような壁の色で、「塩バターどらやき」と書かれた紫の旗が目印の菓子店です。

★名物の塩バターどらやき

不動の一番人気は、下田・外浦の塩を使った「塩バターどらやき」!!
ほど良い甘さの粒あんと金栄堂オリジナルの塩バターが絶妙にマッチします。

何個かテイクアウトすると、下田の四季を象徴するかわいいお花で囲まれた「金栄堂」スタンプが押された紙袋に入れてくれます。
このスタンプも一つ一つ手押しとのことで、金ちゃんの愛情を感じます。
そして、その可愛さに思わず写真を撮って自慢したくなりますよ。

★店内の雰囲気

店内は、昔ながらの和菓子屋さんの雰囲気
どらやき以外にも気になる商品がいっぱい!
ガラスのショーケース内には、沢山の商品が並んでいます。柑橘マーマレードジャムの入った「開国下田どらやき」、珍しい「ごまとくるみのどらやき」もあって、ついつい食べ比べしたくなりますよ。どら焼き以外にも、紫芋パイや栗パイ、そしてお饅頭からマドレーヌまで、いろいろな種類があるので、金ちゃんとおしゃべりしながら選ぶのも楽しいですよ。
先祖代々どら焼きの味を守り続けてきた「金栄堂」。
店主の金ちゃんは3代目で、代々受け継いできた小さな銅板は丸い跡がつくほど大切に使い込まれているものです。どら皮を焼くのもヘラで返すのも餡を包むのも手で。餡を計るのは天秤、菓子工房内にある木型や焼印もずっと代々受け継がれているとのことです。
伊豆下田にいらっしゃった際には、金ちゃんのこだわりが沢山詰まった商品が並ぶ「金栄堂」に是非お立ち寄りください。
20代女子の気ままに下田ライフはいかがでしたか?今後も定期的に更新予定ですので、みなさんお楽しみに♪

また、サイト内の右側にみなさまの旬な情報を投稿いただけるフォームをご用意しておりますので気軽にご連絡ください!
伊豆の旅行はこちら!
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事