いけふくろうが『冬仕様』に!

  • 東京

編みくるまれている『いけふくろう』

池袋東口エリアでは現在「編みものを通してまちと人とをつなげる」をコンセプトに『としま編んでつなぐまちアート』が開催されています。そのイベントの一環として、JR池袋駅構内にある『いけふくろう』がカラフルに編みくるまれております!!

『いけふくろう』とは?

池袋駅は首都圏の巨大ターミナル駅にも関わらず待ち合わせ場所の設置がなかったので、当時の社員の発案で昭和62年9月に設置されました。設計当時は木彫りで作成する計画もありましたが栃木県の石材店で像を作成し、設置されました。それ以降、池袋といえば『いけふくろう』と言われるくらいの人気の名所、待ち合わせスポットとなりました。
さまざまなカラーの毛糸にくるまれていて華やかですね!
「いけふくろう」もあったかそう・・・♪

このイベントは、1月31日(月)まで開催します。

温もりのある「いけふくろう」へ会いに、ぜひ池袋駅へお越しください。

としま編んでつなぐまちアート(サンシャインシティ)
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事