仙台新名所!!文房具のテーマパーク 欲しいが見つかる【文具の杜】

  • 宮城
  • お土産
文房具のテーマパークの入り口

文房具のテーマパーク【文具の杜】とは?

仙台駅西口から徒歩約2分。仙台市都心部のランドマークとなっているAER(アエル)という高層ビルの4階に【文具の杜】はあります。
売り場面積約1450㎡もの店内に56000アイテム以上の充実した品ぞろえが自慢です。定番の商品から、オリジナル商品、海外の商品、お土産向けの商品、ちょっとマニアックな商品、見たことがないような商品まで【文具の杜】に来ればなんでも手に入ります。広い店内ですが、とても見やすく陳列されており、目的の物が探しやすいのもおすすめポイントの一つです。

大人も子供も楽しめる文房具のテーマパーク【文具の杜】をご紹介します。

あっと驚くオリジナル商品がたくさん

・むすび丸ファンの方必見!!オリジナルグッズ多数あります。

全部欲しくなりますね!
【文具の杜】ではオリジナルのむすび丸グッズが大人気です。思わずくすっと笑ってしまう仕掛けがあるメモ帳、仙台名物「ずんだ餅」とむすび丸がセットになったマグネット。ボールペンやはんこもありますよ。遊び心たっぷりで大人気です。仙台駅では買えませんので是非【文具の杜】に足を運んでくださいね。

・今話題!!ずんだもち?!

まるで「ずんだもち」
【文具の杜】オリジナルのガラスペン「ずんだもち」です。
ずんだのつぶつぶ感はまるで本物の「ずんだもち」!リアルな見た目がとっても目を引く人気の商品です。
美しい透明感が特徴のガラスペン。取り扱いが難しそうな印象があり、ためらう方もいるかもしれませんが、使い方はシンプルなのでコツさえつかめば、初めてでも簡単に使えるようになりますよ。
1本1本手づくりでなので「ずんだもち」部分や軸の形状、ペン先など風合い等が異なる場合があります。
自分だけの「ずんだもち」を是非使ってみてくださいね。

ガラスペンは他にもあります

「広瀬川」「一目千本桜」「定禅寺通り」をイメージしたガラスペンも!
吸い込まれそうな透明のガラスペン、思わず見とれてしまいますよ。是非【文具の杜】に足を運んでいただき、本物を手に取ってご覧ください。

・宮城県誕生150周年記念「宮城けやき」

色は4種類あります
宮城県の県木に指定されている「けやき」。仙台のシンボル、美しい緑のトンネル「定禅寺通り」も「けやき」並木です。そんな宮城県産「けやき」の間伐材を使用したボールペン「宮城けやき」が、宮城県誕生150周年記念をして【文具の杜】にて販売中です。
「けやき」が使用されているペン軸は、気の優しいぬくもりが感じられ、使えば使うほど手になじんできます。天然素材のため、木目にも個体差がありますよ。ボールペンを使うたびに仙台を思い出してくださいね。

・まだまだあります!ご当地文房具

大人気の「仙台弁こけし」グッズ
限定オリジナルアイテムも多数
仙台弁を話すこけしがユニークな、大人気の「仙台弁こけし」グッズ!仙台の旅の思い出に是非いかがですか?
また、文具の杜オリジナルインク「杜のいろめぐり 伊達の三色(みついろ)」は初代藩主を伊達政宗公とする仙台藩にゆかりのある色をセットにしたものです。「緋羅紗(hirasya)」「伊達の勝色(datenokachiiro)」「仙臺孟宗竹(sendaimousoudake)」の3色で、普段使いやすい赤、青、緑となっています。ガラスペンとあわせてご利用ください。

仙台に来たら【文具の杜】へ

欲しいが見つかる!
ワクワクする広い店内
文房具が大好きな【文具の杜】の社員の皆さんは、日々、地域と協力、連携をとりながら常に新しいことに挑戦しています。仙台の情報の発信地、遊び心いっぱいの企画も沢山なので【文具の杜】から目が離せませんよ。専門店ならではの豊富な種類の文房具、事務用品、雑貨やキャラクター、デザイン文房具まで、大人も子供もワクワクする文房具のテーマパーク【文具の杜】に是非足を運んでくださいね。
文具の杜 公式ホームページ
文具の杜  公式Instagram
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事