明治後期に造られた名勝の庭園【齋藤氏庭園】

  • 宮城
  • 体験する
この庭園は齋藤氏九代目の当主である善右衛門によって造られました。この齋藤家は近代における東北三代地主と呼ばれるほどの資産家だったそうです。その造りは丘陵の斜面を背にして広間の建物を景観の中心に据え周囲を平庭・園地を配しています。その邸宅から丘陵地までを一体の空間の構成とした造りは近代庭園のなかでも特色があり学術上高く評価されており、四季折々の風情を楽しむことができます。
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事