曹洞宗のお寺が集まるエリア【禅林街】

  • 青森
全国でも珍しい禅宗(曹洞宗)の寺院三十三ヶ寺が集合している地域で、禅林街として知られているエリアです。
2代藩主、津軽信枚が弘前城の南西の砦として、1610年に津軽一円の曹洞宗三十三ヵ寺をここに集めました。
禅林街は、江戸時代に植えられた美しい杉並木が奥まで続いていて、その参道の一番奥にあるのが長勝寺です。長勝寺は1528年、種里(西郡鯵ヶ沢)に創建され、その後信枚が弘前城築城とともに1610年現在の地に移建したと言われています。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事