~青森三大ねぶた~ラッセラー!ラッセラー!【青森ねぶた祭】

  • 青森
  • 体験する
青森ねぶた
東北の夏祭りの代表格。
巨大な灯篭(ねぶた)の運行を、熱気あふれるお囃子と大勢の踊り手(ハネト)たちが盛り上げる様子は圧巻です。
毎年8月2日~8月7日に行われています。
ねぶた祭りの主役といえば、やはり美しい山車ですが「ラッセーラ ラッセーラ」とお囃子に合わせて飛び跳ね祭を盛り上げる「ハネト」もねぶた祭ならでは。
一生に一度は見たい「ねぶた祭」を見にいこう!

これぞ青森魂!ねぶた祭!

ねぶたスケジュール

8/2・3  子どもねぶた・大型ねぶた
8/4・5  大太鼓・大型ねぶた
8/6・7  大型ねぶた
8/7(夜) ねぶた海上運行・青森花火大会

青森ねぶた祭は曜日に関係なく毎年上記のスケジュールで開催されます。また、雨天時はねぶたにビニールなどをかけて決行され、基本的に中止となることはありません。

ねぶたの由来

青森ねぶた祭は、七夕祭りの灯籠流しの変形であろうといわれていますが、その起源は定かではありません。
「ねぶた(ねぷた・ねふた)」という名称は、東北地方を始め、信越地方「ネンブリ流し」、関東地方「ネブチ流し・ネボケ流し・ネムッタ流し」等の民俗語彙分布と方言学から「ねむりながし」の眠りが「ねぶた」に転訛したものと考えられています。

ハネトで参加してみよう!

ハネトがラッセーラー!ラッセーラー!
青森ねぶた祭の特長と魅力に一つに、ハネトは決められた衣装を身に着けていれば「誰でも」「事前の申込み無しで」「どこのねぶたでも」跳ねることができる自由参加があります。

ただ、3年ぶりに開催する今年の祭りでは新型コロナウイルス感染対策として、ハネトの参加方法を変更いたします。ハネトで参加できる人数に上限を設けるとともに、「参加日」と「参加先ねぶた運行団体」を事前にお申込みいただき、抽選により登録できた方のみハネトの参加が可能となります。
ぜひハネトの事前登録をして、ラッセーラー!ラッセーラー!と飛び跳ねましょう♪
ハネト事前登録はこちら

青森ねぶたのフィナーレ!海上運行・花火大会

ねぶた海上運行と青森花火大会
青森ねぶた祭のフィナーレを飾るのが、ねぶた海上運行・青森花火大会です。
ねぶたを台船の上に乗せ青森港を運行する姿は圧巻で、前日にねぶた大賞など各賞を受賞したねぶたが参加します。
青森花火大会の打ち上げ数は約1万発で、海上に漂うねぶたとともに打ち上がる花火で、祭のフィナーレを飾ります。

青森花火大会

日程:2022年8月7日 19:15~21:00
場所:青森港

海上ねぶた

海上運行ねぶたは浜町埠頭出発が18時30分、青い海公園沖を午後19時から20時まで運行、浜町埠頭着岸が20時40分となります。

見ることが出来る場所

青森港の堤埠頭近辺から「メモリアルシップ八甲田丸」近辺の海岸沿いで見られます。
※一部、観覧席設置場所・危険区域などの立入禁止区域もあります
「青森花火大会」の詳細はこちら
一生に一度は見てほしい。
そんな東北・青森の魂を感じる「ねぶた祭」です。
今年こそ青森ねぶた祭を見に足を運んでみては?
一生に一度は見たい!青森ねぶた祭
「青森ねぶた祭」の詳細はこちら
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事