コリコリ食感がたまらない!【豚なんこつ】

  • 秋田
  • 食べる
「なんこつ」といえば「鶏のなんこつ」を思い浮かべる人がほとんどでしょう。しかし能代では「なんこつ」といえば、「豚のなんこつ」が主流なのです。もとは、「もったいない」という理由で、豚のなんこつを叩いて食べやすくしたことが始まりと言われており、約40年の歴史があります。叩き切りにしているため、軟骨のコリコリ感と赤身部分のジューシーで柔らかい食感が特徴的です。

今や能代市内では、豚なんこつを食べられるお店が20店舗以上もあるので、能代に訪れた際は、食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事