幻の温泉郷【芦ノ牧温泉】

  • 福島
  • 体験する
紅葉が美しい芦ノ牧温泉郷 写真提供:芦ノ牧温泉観光協会
新緑に紅葉、季節ごとの渓谷美と豊富な湯量を誇る芦ノ牧温泉郷。千数百年前に開設されたとされ、その昔たどり着くのも困難だったため幻の温泉郷として伝えられてきました。会津若松市内で観光した後でも車で約25分でアクセスできるので、ご宿泊にも日帰り温泉にもぴったり。
写真提供:芦ノ牧温泉観光協会
写真提供:芦ノ牧温泉観光協会
写真提供:芦ノ牧温泉駅

大川沿いに宿が並び、温泉街の入口からほど近いところにある「出会いの湯滝」は、旅人に素敵な出会いが訪れるますようにと名づけられたそうです。「子宝の湯」「足湯 足ポッポ」で足湯のはしごをしたり、「遊歩道いちいの小路」で森林浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。泉質は硫酸塩泉で、リウマチや関節痛、神経痛、切り傷、やけどなどに効果が期待できるとされています。玄関口の会津鉄道芦ノ牧温泉駅では、ねこ駅長が列車のお見送りをしてくれるかもしれませんよ!雄大な自然に囲まれた温泉郷で四季を肌で感じながら、旅の疲れを癒されに、ぜひ訪れてみてください。

この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事