ねこ駅長に会える駅【芦ノ牧温泉駅】

  • 福島
  • 体験する
2代目名誉駅長のらぶ 写真提供:会津鉄道
写真提供:会津鉄道

ねこの駅長がいることで知られる、福島県会津若松市にある会津鉄道芦ノ牧温泉駅。

ベンチから列車を見守る姿は貫禄たっぷり! 写真提供:会津鉄道

現在、務めているのは2代目名誉駅長の「らぶ」(アメリカンカール・雄)。

芦ノ牧温泉駅がねこのいる駅になったのは平成11年6月。保護したねこを地元の小学生が連れてきたのがきっかけなんだそう。
アニメ映画「となりのトトロ」のネコバスに走り方が似ているので「ばす」と名付けられ、お客様をホームでお見送りする愛らしい姿が評判になり、平成20年4月に名誉駅長に就任しました。たくさんのお客様がばす駅長から元気と癒しをもらっていました。しかし、2011年の東日本大震災後、ピタッとお客様が来なくなりました。ばす駅長は、そんな大変な時でも駅員さん達にそっと寄り添い、芦ノ牧温泉駅をしっかり守ってくれていたそうです。
その後、ばす駅長が高齢になったため補佐役でらぶが加わり、時には優しく、時には厳しく?指導して一人前に育て上げ、平成27年12月にらぶは2代目名誉駅長を引き継ぎました。
列車のお見送りするにゃー♪ 写真提供:芦ノ牧温泉駅

駅長のお仕事は「列車のお見送り」「駅構内の巡回」「待合室での癒し」。
らぶ駅長は訪れる観光客の癒しとなってくれるだけでなく、業務を着実にこなしているのだそう。ホームを隅々までチェックしたり、車両の下にもぐったり、レールの上を歩いたり、猫草バイキングを楽しんだり。そして駅に戻るとお昼寝タイム♪あくまでも自然体のらぶ駅長。

駅構内をパトロール中♪ 写真提供:会津鉄道
お仕事終わったにゃ。 写真提供:会津鉄道
会いにきてにゃー♪ 写真提供:芦ノ牧温泉駅

そして、令和3年4月、駅員見習いだったらぶの妹の「さくら」がアテンダントに就任!約1年間勤務し、働きぶりが認められて今回の就任になったとのこと。運が良ければ、2ショットを見ることができるかもしれませんよ♪
(撮影は禁止:初代ねこ駅長のばすさんが、カメラのフラッシュで目を悪くしてしまった為、動画を含むすべての撮影を禁止しております。)

この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事