国指定名勝「瑞楽園」

  • 青森
  • 体験する
大石武学流枯山水式庭園「瑞楽園」は、津軽藩政時代に高杉組の大庄屋を代々つとめていた当宮舘地区の豪農對馬家の書院庭園として、二度にわたる造庭工事のすえ完成されました。

書院建物前を広くとり、飛びはねなければ渡って歩けないような二筋の大きな飛石、庭園奥に枯滝や枯池を設けて石橋を架けるなど、津軽地方に伝わる造庭技法が残されている庭園です。

大石武学流庭園とは、津軽地方で京都などの文化と異なる独特の庭園文化が生まれ、江戸時代末期から近代にかけてに広まりました。津軽地方でなければ生まれることのなかった庭園をぜひご覧になりませんか?
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事