縄文人の暮らしがわかる【二ッ森貝塚】

  • 青森
  • 体験する
縄文時代といえば、歴史の授業で習う最初の時代、というイメージがありますが、二ッ森貝塚はそんな約5500年前~4000年も前の縄文時代の暮らしがわかる貴重な遺跡です。同時期の貝塚としては、東北地方で最大規模とされていて当時の環境や集落状況を後に伝えるために重要であるとして、1998年に史跡指定を受けました。
公園内には、縄文人が暮らした住まいである竪穴住居が2棟、復元されています。ぜひ縄文人の生活を想像しながら見学してみてください。
また、「二ツ森貝塚館」という閉校になった小学校を改修した展示施設もあり、二ッ森貝塚から出土された土器などが展示されています。
青森に訪れた際はぜひ足を運んでみてください!
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事