紅葉の全景が圧巻!日光三名瀑・霧降ノ滝【栃木県日光市】

  • 栃木
  • 観光する
霧降ノ滝※11月上旬撮影。

霧降ノ滝とは?

観瀑台までの道中にある立て札

霧降ノ滝は、華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑に数えられている滝で、「日本の滝百選」と「とちぎの景勝100選」に選出されています。

上滝25m、下滝26mの上下二段に分かれており、全長は75mにもなります。幅は上部は3mで下部にかけて15mにまで広がっていきます。

霧降ノ滝の名前の由来は岩壁に当たって飛び散る水飛沫が、霧が降っているように見えるからと言われ、雨の日には条件が整うと水煙が立ち上っていく様子を見ることができます。

行くなら紅葉の時期がオススメ!

訪れる時期としては緑滴る春や夏の時期も良いですが、特にお勧めなのは紅葉の時期です。霧降ノ滝周辺は勿論のこと、観瀑台一帯も紅葉に包まれ、赤や黄、橙などのパッチワークに彩られた景色はまさに絶景です。

※紅葉の見頃は、例年10月下旬~11月上旬。ご旅行の際は事前にお調べのうえご出発ください。
霧降ノ滝
※11月上旬撮影。
観瀑台までの道のりでも紅葉を楽しめます。
※11月上旬撮影。
霧降ノ滝周辺のお泊りは「JR東日本びゅうダイナミックレールパック」でのご予約がオススメです!
霧降ノ滝(日光市観光協会公式サイト)
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事