岩手県指定文化財に登録された明治時代初期病院【旧岩谷堂共立病院】

  • 岩手
旧岩谷堂共立病院は明治7年に建てられた4階建ての明治の建築様式であり、かつては病院、役場等、多くの役割を担ってきました。同時に旧岩谷堂共立病院は明治初期における「蘭学」に対応した病院でもあり、「明治記念館」として岩手県の有形文化財に登録され、現在は「岩手県指定有形文化財 旧岩谷堂共立病院」として公開されています。4階の塔屋からは奥州の町並みを眺めることができるといいます。明治時代初期や歴史に興味がある方はぜひ行ってみてください!

奥州市公式サイト
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事