木彫り五百羅漢を見に行きましょう!【報恩寺 五百羅漢】

  • 岩手

報恩寺は1394年に創建されたと伝えられている曹洞宗の古刹です。羅漢堂には報恩寺の見どころである五百羅漢が納められ、499の尊像が現存しています。
木彫りでかつ胎内銘が詳しく記入されている報恩寺の五百羅漢像は極めて稀な歴史的文化資源と見られます。現在は盛岡市の指定文化財に登録されています。
報恩寺の五百羅漢は様々な表情や仕草を持ち、仏師の技術で五百羅漢をよりリアルに見ることができ、拝観した人も飽きずにゆっくり堪能できます。

盛岡市公式サイト
当ページで使用する写真は、一般社団法人東北観光推進機構より引用しました。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事