店内でいただく絶品の飛騨牛づくしと飛騨牛とろすじ丼【梗絲】

  • 岐阜(飛騨)
  • 食べる
飛騨高山のご当地グルメといえば「飛騨牛のにぎり」。古い町並にあるお店では、お皿の代わりに「せんべい」にのせて提供するところが多く、食べ歩きしたい方には、以前ご紹介した「飛騨 こって牛」や、その向かいにある「坂口屋」などが人気です。

「飛騨 こって牛」の記事はこちらから!
  ↓ ↓ ↓
今回は、歩き疲れた時などに立ち寄るのにおすすめの、店内でゆっくりとお食事を楽しみたい方向けの飛騨牛にぎりのお店をご紹介します!
外観
店内
こちらの「梗絲(きょうし)」は、高山陣屋から約3分ほど歩いたところにあるお店です。木のぬくもりあふれる店内にテーブル席だけでなく、カウンター席もご用意。おひとりさまでもゆったりとくつろげる空間でお食事が楽しめます。主に飛騨牛の最高級ランクとされるA5等級を使用したメニューが充実していて、魚料理やお酒の種類も豊富に取り揃えています。
飛騨牛づくし
まず注文したのは、この店一番の人気メニューである「飛騨牛づくし」!お寿司に合う部位を厳選して作る特上の飛騨牛づくしは、飛騨牛にぎり4貫と飛騨牛鉄火が並んでいます。にぎりは岩塩をまぶしたタイプと、ネギと生姜がのっているタイプが2貫ずつあって、好みにもよりますが、個人的には岩塩の方が美味しく感じました!他ではあまり見かけない鉄火巻も食べやすく、パリッとした海苔と柔らかい飛騨牛は相性抜群です。梗絲と言えばまずはこれ!という定番メニューなので、迷ったらこちらをおすすめです。
飛騨牛とろすじ丼
次は、1日限定10食の「飛騨牛とろすじ丼」。こちらは第1回飛騨高山グルメグランプリで準グランプリを獲得したメニューだそうです。3日間かけてじっくりとやわらかく煮込まれた飛騨牛のすじ肉はトロットロで、半熟たまごと絡めると口の中でさらにとろけて、コクと旨みがたまりません。他のメニューよりもリーズナブルなこともあり、すぐに売り切れる日もあるので、気になる方は早めの時間にご来店ください!

他にも飛騨牛のひつまぶしなど気になるメニューがたくさんあったので、何度でも訪れたくなるお店でした!梗絲では、食べ歩き用に外の窓口でも飛騨牛にぎりを購入することが可能です。お店の前にあるベンチに座ってまったり過ごすのもおすすめです。
この記事に関連するタグ
前の記事 一覧へ戻る 次の記事
関連記事